HOME > NEWS > 2010年10月

NEWS

 

松村 重平氏が平成22年度 文化の日千葉県功労者表彰を受けられました。(農林水産功労)
文化の日にあたり、各方面でそれぞれ顕著な功績を挙げ、千葉県の発展に多大な貢献をされた方々を表彰。昭和23年に文化の日が制定されたのを機に始まり、本年で63回目。
今年は64個人3団体を表彰。

松村 重平 氏   (有)松村木材店 会長 ・ (一社)千葉県木材振興協会 副会長 ・
             東葛飾地区木材組合協議会 会長
abDSC00789.JPG

表彰式は11月3日 午前10時から 県庁本庁舎にて 森田健作知事より表彰状が贈られます。

松村氏は 現 東京中央木材市場 買方組合会長であり、住まいるCHANCEネットワーク発足時は理事長としてネットワークの設立に尽力されました。

住まいるCHANCEネットワークは 松村氏の今回の表彰にお祝いを申し上げます。


 
 

10月6日(水) 
PA061170.JPG    PA061214.JPG
国木市売(株) 寺田社長 はりきってセリます!

PA061145.JPG    PA061131.JPG
 

この日出展されていた材 目を引居たものをご紹介します。
PA061228.JPG    PA061229.JPG
珍しい杉の丸柱(実際は16角形でおそらく丸柱に製材される過程の材料かと思われます)

PA061219.JPG    PA061220.JPG
霧島杉の板

この日江東区の中学2年生が4名体験学習の一環として市場見学に来場
aEPSN2010.JPG     aEPSN2019.JPG
新木場の(株)山康商店さんの指導のもと、2日間木材に関わる仕事について体験されていいます。
大学の研究教材である木材納入に立会い、材木を手に納入の手伝いをしたり、ドイツのマイスター制度で来日した外国の方が三重塔の建造に携わっている現場などを見学されたとのこと。
江東区の中学2年生は関心のある業種に分かれての体験学習が必須であるそう。
来場された4名は製造業の体験学習です。午前中から、市終了まで長時間にわたり木材市場で木材のセリの様子を見学。
”こんなに沢山の木材を見ておどろきました”と木材をさわったりにおいをかいだりと、子供たちにはあまりなじみのない市場ですが、興味をもってもらえてかな!?
将来の夢はという質問には、「公務員」「スポーツ関係」「ものをつくる仕事につきたい」「これからよく考えたい」との回答でした。
 

 
 

10月16日(土) 9:00―16:00
東京中央木材市場 千葉第二木材センター(千葉県成田市)

秋晴れのお天気に恵まれた土曜日、帯同展示即売会が開催されました。

日頃第二センターへ足を運ばれている材木店(買方)様が、地域の工務店様同行にての展示即売会は年に数回行っています。

2010101612240000.jpg   2010101612240001.jpg
千葉第二木材センター 久保木所長

2010101612080000.jpg      2010101612250001.jpg

14:00より、特設会場にてセリが行われ、在庫処分品など、お買得品に人気が集まっていました。

 
 

木という素材が大好きなご夫婦より、長年住み慣れた住宅の外壁改修のご要望をいただき
当ネットワークをご利用いただき、秋田杉の赤身の下見板を使用した美しい外観の家へと変貌しました。

%E3%81%82DSCN3008.JPG    DSCN3011.JPG
この仕事をこなす匠の技をもつ棟梁

”やっぱり日本の木は美しい。我が家も生まれ変わって喜んでいるようですね”
と満足の仕上がりにご夫婦の笑顔が広がります。

 
 

”千葉の地木と木の国紀州材を中心とした活用国産材主力の家” 新築物件 H邸
施工はこだわりの職人集団 (有)大屋工務店 (住まいるCHANCEネットワーク会員)

P7270575.JPG
市川市に新築されたH邸は、お施主さんが長年描いていた”こんな家”に住みたいという希望をかなえるべく多くの工務店をまわられたそうで、地元市川で腕を振るう大屋工務店さんと出会い、夢の実現となりました。

CIMG3019.JPG    CIMG3031.JPG
図面の一部                   実寸大の型紙(薄板) 
CIMG3048.JPG  CIMG3045.JPG  CIMG3035.JPG
職人による細やかな手作業        見事に刻まれた材料

一年以上前から設計、伏図などの図面から実寸大の型紙まで手作業でおこし、材料はもちろん手刻みで、追っ掛け大全継ぎ、金輪継ぎなど大工の腕が要求される精緻な技で継ぎ手(材と材のつなぎ目)がつくられます。
  
CIMG0745.JPG    CIMG0770.JPGCIMG0773.JPG    CIMG0752.JPG
上棟

上棟を向かえ出番を待っていた材が組上げられて、継ぎ手も美しくおさまります。

qCIMG0869.JPG   qCIMG0873.JPG   qCIMG0862.JPG
屋根の下地を貼っているところ                 軒付け

・一面赤身(木の中心部分の赤身を帯びた場所)を使うことで、くさりにくく強い屋根下地となります。
・写真一番右の写真は切り妻屋根の下、軒付け部分は原木から選び抜いた材より切り出した緩やかなカーブを描き、正面から見ると同じ幅に見える。また内側に施したわずかな傾斜により美しい三角を描く。 

CIMG3998.JPG   CIMG4026.JPG   
床のフローリングは張る直前まで表にたてかけて乾かします。
”このくらい当たり前のこと”と手間を惜しまず最後までより良い状態をめざす棟梁。


P7270504.JPG     P7270465.JPG
  
P7270492.JPG    DSCN2898.JPG
写真ではお伝えしづらいのですが、降りる時に安心感がでるようにと階段が緩やかに湾曲するように工夫されています。
見た目ももちろん美しく、さらに機能も追及されています。

P7130071.JPG   P7130074.JPG  P7130079.JPG
壁はリシン掻き落とし
・土壁にもこだわり、剣山のような道具を使い粗塗りした壁を削ることで、粒子の粗い砂が浮き出される。

P7130086.JPG  P7130105.JPG   P7130107.JPG
伝統を守る左官屋さんの親方 渡辺さん。とっても気さくなお人柄なで、みごとな職人技を持つ。

P7280583.JPG    P7270400.JPG
P7270384.JPG  P7270403.JPG  P7270562.JPG    
P7270412.JPG  門から玄関までの土間洗い出しの様子。

こうした土間のつくりも現在ではセメントの上に接着材などで石を置く手法が用いられるが、大屋工務店のこだわりはここにも現れる。
昔ながらの洗い出しの技法により、仕上られた趣きある風情の玄関となった。
人の手作業によって磨きだされた石は、この段階では白く幕がかかったようだが、この後雨にさらされることで美しく整うという。伝統の技により、長くはがれることなく玄関を彩る。

P7270556.JPG  P7270546.JPG  P7270537.JPG
1階  玄関          床の間           洗面所

P7270520.JPG  P7270460.JPG  aP7270528.JPG
2階 リビング          キッチン           つくりつけの大棚

P7270481.JPG  P7270501.JPG  aP7270525.JPG  
階段周り

地元千葉県の山武杉をふんだんに使用した室内、材料を吟味し適材適所を考えて使われています。
”高いものを使うことが良いのではない、材料を見極めて使えば穴の開いた材にも出番はあるんだよ”と自然の木材をどこまでも生かして使うことが棟梁のこだわりです。

P7270475.JPG  abP7270511.JPG  aP7280623.JPG
小屋裏             小屋裏へとつづく階段   格子には障子が貼られます 
 
P7270447.JPG  P7270451.JPG  P7270561.JPG
屋根周り                               玄関先の傘置き場に

P7270555.JPG
玄関の式台には”なす”のウメ木。棟梁の遊び心が・・・

匠の技のほんの一部をご紹介しましたが、大屋工務店のこだわりはまだまだ進化を続けています。
棟梁は家だけではなくその家を囲む塀や、庭の設計までを手がける住まいのトータルコーディネータであるといえます。
仕事に厳しい棟梁ではありますが、決して強面の近寄りがたい存在ではなく、気さくに質問に答えてくださり、秘密の技も見せてくださいます。”なんでも真似してもらっていいんだよ”と。
棟梁は家は頭の中で組みあがっているといっても過言ではないほど。
経験と天性の職人としての資質が姿や声に現れています。
そんなすばらしい大工さんが地域で活躍していることを一人でも多くの方にまたこれから家を建てたいと思っているあなたにお伝えできればと思います。

そして市川市にまた一軒、伝統の技と現代の暮らしが融合した住まいがつくられました。
お施主様の願いと、大屋工務店そして大屋工務店とのつながる左官屋さん瓦屋さん石屋さんその他多勢の匠の技により、完成したH邸。
すばらしい日本の家の誕生です。


(有)大屋工務店HP はこちらから http://www7a.biglobe.ne.jp/~ooyakoumutenn/
大屋工務店ブログ 詳しい仕事の様子はこちらから  http://daiku3.at.webry.info/

 


 
 

日時 平成22年10月2日(土)、3日(日) 10時00分―16時00分
場所 都立木場公園「イベント広場」
主催 東京都・(社)東京都木材団体連合会

EPSN1996.JPG    EPSN1991.JPG
東京都では都民の皆様に、木とのふれあいを通じて、「木のぬくもり・やわらかさ」と「森の大切さ」を知り、身近な暮しの中で木を使っていただくため、第30回「木と暮しのふれあい展」を開催しています。
毎年開催されるこのイベントに、参加しました。
今年は両日ともお天気に恵まれて、多勢の方が来場されていました。

EPSN2004.JPG     EPSN1989.JPG

様々な木材製品などの販売や、木工教室、ホルンの演奏や子供たちに人気のキャラクターショーと充実した内容で、来場者の皆様どなたも楽しめるイベントとなっています。


http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2010/08/21k8q700.htm

 
今月のカレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PAGE TOP