HOME > NEWS > 2010年12月

NEWS

 

12/11(土)・12(日)に行われた (株)ユージーホームさんの新築物件の内覧会におじゃましました。

グリーンの外壁が際立つ3階建。内覧会のちらしにも書かれている通り、12月!クリスマスの季節にピッタリな外観です。(もっとも緑色は春も夏もどの季節も似合う色ですネ)
PC111816.JPG     PC111810.JPG      
美しいグリーンの外観                  模型

PC111789.JPG    PC111792.JPG
1階の二間                    2階はキッチンダイニングと和室

PC111798.JPG  PC111797.JPG  PC111799.JPG
2階から3階への階段途中に設置された洗面台。かわいいガラスがはめ込まれてとてもおしゃれ。

PC111801.JPG    PC111806.JPG
3階の個室
 
この建物は建て替えにより減築(21坪→18坪)されたとのこと。
写真を撮り忘れてしまったのですが、キッチンには黄色とオレンジのビビットなタイル、ダイニングの1面壁にはポイントになる珍しいパピルスの美しい壁紙が貼られていました。
部屋の扉にはどっしりとした無垢材が使われており(海外からの輸入だそう)、要所要所にポイントとなるポップなカラーが楽しいお住まいです。
玄関の扉まわりにも一工夫がほどこされ、さすがユージーホーム酒田社長のアイデアには脱帽です。

PC111812.JPG


ユージホームブログはこちらから→ http://ughome.exblog.jp/
ユージーホームHPはこちらから→ http://www.ug-home.co.jp/

 
 

「林野庁長官感謝状」 受章     東京中央木材市場買方組合

12月9日(木) 東京ビックサイトにて行われました「木づかい運動」感謝状贈呈式の様子です。

PC090204.JPG    PC090215.JPG
林野長 皆川 芳嗣長官より表彰          東京中央木材市場買方組合 青木 嘉勝 理事長


PC090185.JPG    PC090209.JPG 
各感謝状の受章の皆様         

平成22年度木づかい運動感謝状贈呈式に参加してまいりました。

農林水産大臣感謝状、林野庁長官感謝状、(財)日本木材情報センター理事長感謝状を受章の18団体が表彰されました。
各団体の取組みについて紹介され、代表者に表彰状が手渡されました。
東京中央木材市場買方組合は「住まいるCHNCEネットワーク」を核に国産材利用拡大への貢献を評価され、今回の表彰を受けることになりました。
今後もこの表彰を励みとし、更なる国産材利用拡大に向けた活動を行って参ります。
 

 
 

平成22年度 木づかい運動顕彰 贈呈式 

林野庁が行う「木づかい運動」への貢献や協力について感謝状の贈呈が行われています。
今回、私ども「住まいるCHANCEネットワーク」を運営する東京中央木材市場買方組合が木づかい運動推進部門で林野庁長官感謝状を受章の運びとなりました。

贈呈式  
      日時  平成22年12月9日(木)13:30―13:55
    
      場所  企業の森づくりフェア in TOKYO 会場
            東京国際展示場「東京ビックサイト」西展示棟4F
            西3ホール内会議室「ルームE」     

「特定非営利活動法人 活木活木(いきいき)森ネットワークでは国産材を大量に供給もしくは利用し、国産材の利用拡大に向けた顕著な功績があり、国産材の意義や良さについて積極的に紹介等を行った事業者、木づかい運動の意義等のPRを積極的に行った普及啓発者に対して林野庁が行う「木づかい運動」への貢献や協力について感謝状の意を表するため感謝状の贈呈を行う。」 (「木づかい運動」顕彰規定より抜粋)

「木づかい運動」感謝状受章者および感謝状の贈呈

特定非営利活動法人 活木活木(いきいき)森ネットワーク へはこちらから

【木づかい運動顕彰への申請内容】

◆木づかい運動の意義等についてのPR状況

1.木づかいイベントへの出展、出席又は実施
 
【実施】 
     首都圏の設計者、工務店(大工)、及び消費者を対象とした国産材PRイベントを開催
平成21年
 ●2月28日  「樹魁」act.3 「樹」に触れ・・・新たなる創造の種を・・・ 

   講演1   「木材住宅の関連法律」と「利用可能性」の再認識
    (ここまでできる木材)
         (財)日本住宅・木材技術センター 研究開発部 副部長 山田 誠 氏
 
   講演2   「長期優良住宅普及促進法」と「JBN工務店サポートセンター」の活動と役割
  (株)現代計画研究所 取締役 加来 照彦 氏

 ●10月10日 (社)工務店サポートセンター国産材利用拡大委員会研修会&「樹魁」act.4
         共催  (財)日本住宅・木材技術センター

    講演   「長期優良住宅での国産材利用のポイントはここだ」
         富士山木造住宅協会 事務局長 遠藤 龍一 氏   

●5月 8日 木のまち・木のいえリレーフォーラムin浦安
                   「樹」に触れ・・・新たなる創造の種を・・・ (「樹魁」act.5)
   共催  (社)木を活かす建築推進協議会
    講演1  「環境時代の木造住宅を考える」 ― 地産地消の家づくりに向けて―
   (社)日本建築士連合会 会長 藤本 昌也 氏

    講演2  「工務店の土俵で、地域材を活用した長期優良住宅を」
   (社)全国中小建築工事業団体連合会 会長/工務店サポートセンター 理事長 青木 宏之 氏

【出展】
平成21年
●3月28日   新木場木まつり出展

【講演会(セミナー)】
平成20年
●2月 9日 東京中央木材市場買方組合総会in鬼怒川 講演
 講演 建築基準法の改正について
       (財)日本住宅・木材技術センター 常務理事 小柳 好弘 氏

●7月30日 東京中央木材市場開設23周年記念講演
 講演 住宅瑕疵担保履行法の内容と木材
林野庁 林政部 木材産業課 課長補佐 木下 仁 氏

平成21年
●5月13日 東京中央木材市場買方組合結成55周年記念講演
 講演 「木を語る」お施主さんに訴える・・・是非国産材で家づくりを
東京大学名誉教授 NPO木材合板博物館 館長 岡野 健 氏

●7月15日 東京中央木材市場開設24周年記念講演
 講演 「長期優良住宅の概要と国産材の活用」?日本の木のいえ情報ナビ?
林野庁 林政部 木材産業課 課長補佐 木下 仁 氏

平成22年
●7月14日 東京中央木材市場開設25周年記念講演
 講演 「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」について
林野庁 林政部 木材産業課 課長 鈴木 信哉 氏

2.マスメディアを使用したPR
●平成21年 12月10日 朝日新聞 ちばがいちばん 掲載

3.ホームページやCSRレポートへの掲載
●ホームページ上にイベント「樹魁」act.1―3 実施レポート掲載
●木のまち・木のいえリレーフォーラムin浦安(樹魁act.5) 実施レポート掲載
●家づくりや木材に関わるイベントや法規・情報などあらゆるニュースを掲載
●地域木造住宅市場活性化推進事業の一環として、HP上の「家づくりナビ」や「ネットワーク店検索」の  機能が利用できることで、木のいえを建てたい、リフォームをしたいと考える一般消費者向けのサポ  ートを行っています。

4.その他の取組み
●木材の流通の仕組みや国産材利用推進を図るため業界を問わず、随時希望団体の市場見学会の受入れを行っています。

●工務店、木材店及び建築士支援の為、エンドユーザー同行による市場開放イベントを実施しています。
 「木」について樹種の違いや特性などのレクチャーや、木工教室などを実施。
木の家づくりに関心のある親世代とともに、子供たちが「木」に触れ、体感することで、木づかいへの関心を次世代へつなげる推進力となることを願っています。

◆今後の木づかい運動の推進に向けた取組状況
●「樹魁」などのイベントの継続
●国産材PRのため市場を利用(開放)しての一般ユーザーへの参加型イベントの検討
●「住まいるCHANCEネットワーク」における工務店、木材店、建築士の支援


東京中央木材市場は首都圏に位置し、全国の優良製材所より常時2万立方メートルを超える木材を集荷。半世紀にわたり「木」と共に生き、自然素材と向き合って参りました。 
平成18年より国産材利用拡大推進の為、主に設計者を対象として、講演会やパネルディスカッション、産地との連携による林場内覧会など、本物の「木」を実際に「見て」「触れて」頂く為のイベントとして「樹魁」を開催。
地域の木造住宅における木材(国産材)利用促進のため「材」「設計」「施工」三位一体を掲げ、木材市場を中心に地域材木店の組合による「住まいるCHANCEネットワーク」を立ち上げ、平成20年度 地域木造住宅市場活性化推進事業に採択されました。
国産材の利用を通して消費者へ「暮らしの豊かさ」「住まいの豊かさ」を実感していただきたいという思いで様々な活動を行っております。

 
今月のカレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PAGE TOP