HOME > NEWS > 市場にて

NEWS

 

先日行われました株主総会後の取締役会にて、代表取締役 飯島正敏が退任し、
飯島義雄が代表取締役社長に就任致しました。

P3260234.JPG

『木材流通を通じて、社会に貢献し、お客様の信頼に応え、
木の持つ魅力を多くの人に伝えることにより、全国の産地と
消費者を結ぶ架け橋となる』

この当社の理念の元、皆様により利用しやすい市場になるよう、
社業発展の為、専心努力をいたす所存でございます。
前任者同様、格別のご支援賜りますよう、お願い申し上げます。


                                平成26年3月吉日
                           代表取締役社長 飯島義雄

 
 

P8031475.JPG   P8031483.JPG
8/3(水) 茨城常陸太田市の(株)佐川産業様が、東京中央木材市場の問屋である 丸栄木材(株)さんを介して浦安市場にご来場されました。
東京中央木材市場の常務である飯島より市場の概要紹介のあと、開催中のけやき祭りの様子とともに林場内のご見学をされました。

佐川産業さんは、杉の無垢材でない外装材を製造されています。 ”アトピーキラー”という商品名でぴんと来る方も多いと思います。
アトピーキラーは、シックハウス症候群問題に対して、スギのフィトンチッドの効果に着目し健康・環境安全性を兼ね備えた、科学物質を含まない100%天然素材の製品です。

P8031494.JPG    P8031504.JPG
セリ売りのご見学

大きなけやきが競り落とされる様子をご見学されて、初めての市売の様子に驚かれる方も。

P8031506.JPG    P8031514.JPG
様々な木材が並ぶ林場内へ           アトピーキラーが陳列された林場内の丸栄木材浜にて

産地製材所の方が市場を見学されて、自社製品がどのように売買されているかご覧頂けることは、製品を扱う問屋さんにとっても市場にとってもうれしく、また身の引き締まる思いを感じます。

 
 

P6230934.JPG 「蔵出し市」 問屋リーダー 二瓶氏と 
市場の入口に、すっくと立ちあがった羆!
通りを行き交う人々の注目を集めています。写メをとる方も続出中!!

この熊の彫刻は、買方の山康商店さんが7/9”大総力祭”での蔵出し市に出展するもので、
約30年程前にカナダでオークションに出された木造彫刻です。
材種はレッドシダー(米杉)で、チェーンソーなどを使って作成されたものだそう。
迫力ある大きさですが、猛獣というより森の番人といった風情で立つ姿もやさしい顔つきも親しみがもてます。

P6230935.JPG   P6230904.JPG   
出展者である山康商店 山崎社長

「ずっと何十年も冬眠してきた熊だけど、木の好きな人の手によって活かされるといいよね。
どこかで自然のシンボルとして展示してもらったりなど、多くの人の目にふれて、木に興味をもってもらえるとうれしいね」と山崎社長。

P6230912.JPG   P6230920.JPG   P6230938.JPG
あまりの大きさにフォークリフト3台を駆使して設置。

蔵出し市はこのほかにも、銘木や希少な材、普段目にする機会の少ない芸術?品など多くの材が出品される予定です。
出品希望も現在受付中!
7月9日(土) 浦安市場開設26周年記念”大総力祭” は10:30蔵出し市よりスタートです。

 
 

6/19(土) バスツアー住まい教室 木材市場、建築現場を見にいこう!

CIMG1214.JPG
定期的に”住まい教室”として勉強会を開催されています。
長期優良住宅などを手がけられることからも、木材という素材を見学に浦安市場へ足を運ばれました。

CIMG1217.JPG    CIMG1222.JPG
林場を散策しながら、我が家の創造へイメージを膨らませていただけたでしょうか。

株式会社佐久間工務店 HPはこちらから

 
 

2/26(金) 小雨がふるあいにくのお天気となりましたが、ご来場いただきありがとうございます。

CIMG3729.JPG    CIMG3740.JPG
中央通路にて 特設セリコーナー

11時から、午後3時までと 長時間にわたってゆっくと林場内をご覧頂きお買上誠にありがとうございました。

 
 

2/25(木) 社団法人 日中科学技術文化センター 様 ご同行により
12:30 市場到着後 林場見学
13:00 市場内会場にて説明会

CIMG0803.JPG    CIMG0811.JPG
林場内見学の様子
みなさん大変熱心に写真をとり、林場内を見学されました。

CIMG0824.JPG    CIMG0832.JPG
通訳を介しての説明会の様子
弊社 常務 飯島より
・木材市場の構成を説明 (原木市場―製材―製品市場―セリを通して販売店へ)
・中央木材市場の特徴について (日本全国から集荷  首都近郊にあることの利点の例など)
・Co2削減等、林業から住宅までを含んだ様々な取り組みについて
等をご説明

市場所属問屋である 谷酒木材(株) 社長も加わり
多くの質問をいただき、また中国林業局の方から現在の中国林業の様子を伺いました。

日本の森林業、製材そして木材市場の流れに強い関心をよせられています。
中国では洪水などの自然災害により、原生林での伐採が国によりストップされているとのこと
広い国土をもつ中国で意外になことに、木材の輸入は世界一だそう。
今回の見学会を通して木材流通の理解に役立ったとの感想をいただきました。

 
 

開催日  H22年2月12日(金)・13日(土)
場 所  東京中央木材市場 浦安市場

CIMG3581.JPG    EPSN1809.JPG
連日の寒波につづき13日はみぞれ交じりの大変寒い中、400人を越えるご来場者で、ピーク時には林場がお客様で一杯になりました。

EPSN1814.JPG    EPSN1804.JPG
また、今回の展示即売会では 「住まいるCHANCEネットワーク」ご加入の設計士の方々もお招きしました。
お施主さんに近い設計士さん、工務店さんと市場及び材木店との交流の場になればとの願いから今回初のこころみとなりました。
当日はサンプルコーナー等も設け、実際に材料を見て触れて、国産材へのご理解を深めていただきました。
設計士の方からは「多くの材料を一度に見ることができる展示会は我々が直接買うわけではないが、既製寸法や流通している材料がわかり設計するうえでも大変参考になる」とのご感想をいただきました。
ネットワークでは、引き続き様々な催し物をレベルアップを図りながら企画し、木材に関わる多くの交流を促進していければと思います。

 
 

2月10日朝、岩手県議会 森林・林業政策研究会の皆様(佐々木 大和 先生はじめ総勢20名)が浦安市場に視察に来られました。

CIMG3546.JPG 
会議室にて、弊社の沿革と概要・今進めている「住まいるチャンス」についての説明をさせて頂きました。
   
CIMG3551.JPG
以奈場木材(株) 田中社長

岩手県の産地の方々と、弊社はむかしから縁があります。
弊社千葉第二木材センターでは、数日前の2月5日、今年で30年を迎える「いわてブランド・岩手県優良木材展示会」が開かれました。
「岩手ブランド・岩手県優良材展示会」のページへ
以奈場木材(株)田中社長からその歴史ついて、実際に行動している「岩手県木材青壮年協議会」についてもお話頂きました。

会議室での説明の後、林場にて「日本全国の木材製品」を見て頂きました。
岩手県材の活用について活発な質問を受けました。
もくもくサンワ井関社長より、「屋久杉」について説明して頂きました。
CIMG3561.JPG    CIMG3558.JPG

北海道に次ぐ森林面積を持つ国内有数の「岩手県」。その県議会議員の皆様は、首都圏という消費地において、国民的運動である「木づかい運動」を初め、国産材活用の「今、過去にない追い風」である事についてもお伝えしました。

 
 

12/8(火) 長野県より 高水林業協議会の皆様が市場見学に来場されました。

CIMG2810.JPG    CIMG2815.JPG    
到着とともに林場をご案内。先日行われたケヤキ祭りの材料が大量に積み上げられた林場では皆さん驚きの声を上げられました。

市場や住まいるCHANCEネットワークにつて説明をプロジェクターを用いて常務の飯島がご説明しました。
皆さん真剣に聞き入られて、ご質問も多く頂きました。
またその中で、”木材流通の川上である林業の立場から、市場の多様な取り組みにより国産材利用の拡大に大いなる期待をよせています。”とのお言葉をいただき、製品を扱う市場として身が引き締まる思いでした。

CIMG2822.JPG    CIMG2828.JPG
ふたたび市場内のセンター問屋さんをご紹介しました。
皆さん熱心に聞き入っているのは、市場の木材博士(株)もくもくサンワ 井関社長の屋久杉の講義です。

12時のご到着から2時過ぎまで、ご見学いただきました。
今後も多くの方に、市場にご来場いただき見学会を通して交流の場を広げていければと思います。

 
 

千葉県内の企業を対象に朝日新聞 京葉版にコラム”ちばがいちばん”を連載。
この度、国産材を主力とした木材市場として東京中央木材市場が掲載されることとなりました。

CIMG2786.JPG    CIMG2782.JPG

CIMG2775.JPG    CIMG2780.JPG
取材をうける 飯島常務と永島市場長    林場内を案内

掲載日 平成21年12月10日(木)  朝日新聞 朝刊 京葉版 ”ちばのいちばん”

 
 

市場でみつけた青森ヒバの桶風呂   直径1100mm×深さ750mm

青森ヒバには極めて優れた抗菌性を有する成分「ヒノキチオール」が含有しています。
抗菌、抗カビに優れているので黒ずみにくく、お風呂場では”イス”や”すのこ”などどしても昔から利用されています。
CIMG2362.JPG

CIMG2356.JPG    CIMG2359.JPG
左:大きさはこのくらい(写っているのは市場職員 遠藤さん) 右:中には腰掛にもなる上がり段がついてます 

木曽ヒノキ、秋田杉、青森ヒバは日本三大美林と言われ耐久性に優れた木材として古くから保護されてきました。
桧風呂は香りのよいことで知られていますが、抗菌成分ヒノキチオールが桧より青森ヒバに多く含まれることは以外に知られていません。
香りも良く抗菌効果に優れた青森ヒバは日本固有の木材としてもっと利用されるとうれしいです。

提供 山久木材(株)

 
今月のカレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PAGE TOP