HOME > NEWS > JBN 国産材委員会セミナー 施主に納得していただける木材の基礎知識 第1弾

NEWS

 
2010.08.30
JBN 国産材委員会セミナー 施主に納得していただける木材の基礎知識 第1弾

日時 平成22年8月26日(木) 
内容 木造住宅現場で役立つ腐朽・劣化・シロアリ対策について
講師 京都大学 生存圏研究所 教授 吉村 剛 農学博士
主催 一般社団法人 工務店サポートセンター 国産材委員会
共催 木構造振興株式会社

工務店が、お施主様の疑問・不安にきちんと説明できることを目指し、JBN国産材委員会が4回にわたる研修会を企画。
今回はその第1弾である”木造住宅現場で役立つ腐朽・劣化・シロアリ対策について”を聴講しました。
aCIMG1305.JPG

カビやきのこなどの菌類の解説から、アメリカカンザイシロアリのように床下からではなく屋根裏から進入する外来種の生態など基礎知識から、海外での対策までを解説。


住宅の保存考える上で、腐朽やシロアリ対策は住まう人にとって関心をもたないではいられない問題です。木材が生物材料である限り劣化は必ず起こりますし、シロアリを絶滅させることは現実的ではありません。
腐朽菌、シロアリの対策にはそれぞれの生態や繁殖する要因など基本的な知識をもつことが第1歩ということで、今回のセミナーでは菌類の分類から、シロアリの種類性質まで学術的な事柄をダイジェストかつわかりやすく解説していただきました。
木材は乾燥していれば腐朽しないということ、シロアリの侵食は緩やかであることなどから、適切な診断と補修を行うことで、大切な家を長期にわたり守っていきたいものです。
こうしたセミナーを工務店のみなさんが受けることにより、経験から培ってきた知識や技術をお施主さまに納得していただけること、信頼関係を築くことが良い家造りの第一歩なのだと感じました。


 
今月のカレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PAGE TOP